新居の近所への挨拶は、一戸建てで向かい3軒と両隣、集合住宅で両隣と上下階で十分ですが、地域の状況などで臨機応変に対応しましょう。社宅などでは、全戸に挨拶するのが間違いあり

引越しを決めたらどうするか
引越しを決めたらどうするか

近所への挨拶

集合住宅であれ、一戸建てであれ、よほどの山奥などでない限りご近所さんが存在します。
近所づきあいを全くしないという人もいますが、長く住む場所であれば新生活を始める前に挨拶をすることが大事といえます。
引越し当日、遅くとも翌日までにはご挨拶するようにしましょう。
その土地ならではのマナーがあるでしょうが、基本は一戸建てであれば自宅を出たときに目に入る規模で、向かい3軒と両隣までで十分です。
集合住宅であれば、両隣と上下階、管理人でよいのですが、社宅などの場合、全戸に挨拶したほうが間違いありません。
近所づきあいが活発な地域であれば、さらにその周囲まで、袋小路であれば入口までといった感じで臨機応変に対応するようにしましょう。
挨拶品は、500円〜1000円程度でタオルや石鹸、サランラップなどの生活用品、クッキーなど日持ちするお菓子などがよいでしょう。
のしや名前入りの挨拶カードなどをつけると名前を覚えてもらいやすいです。
留守の場合は、挨拶状を添えてポストなどに入れておいてもOKです。
また、引越し作業の際には、思いがけない物音を立てたり、引越しトラックの出入りなどで迷惑をかけたりしてしまうこともあるので、今まで住んでいたところのご近所さんにも引越し日の2〜3日前に挨拶を済ませておきましょう。
手土産を持参したり、引越し先を告げたりする必要もありませんが、親しい付き合いをしていたりした相手であれば500円〜1000円程度のお菓子などを持参すると喜ばれることでしょう。