転居する時は、市区町村内であっても役所に届けを出さなければなりません。様々な手続きが必要なので、相談窓口などに相談して、転居1週間前頃に手続きを済ませておくとよいでしょう

引越しを決めたらどうするか
引越しを決めたらどうするか

転居にともなう手続き

荷物と自分が移動すれば引越しは終わり、ではありません。
引越しとは住む場所が変わるということで、しなければならない手続きがたくさんあります。
現在住んでいる市区町村から別の市区町村に引越しをした場合、それぞれの役所に転出届けと転入届を出さなければなりません。
同じ市区町村内に引っ越す場合でも、住所が変わるため転居届を出す必要があります。
転出届を出すと同時に国民健康保健や国民年金、転校など様々な手続きを済ませてしまったほうが間違いありません。
役所の相談窓口などに転居届の受付期間や自分に必要な変更事項を確認して、引越しの1週間前までに終わらせておくと安心です。
そして、生活に必要なガス、電気、水道、郵便、電話、NHKなどは早めに手続きしておくことで、スムーズに新居でそれらを使用開始することができます。
直接届けを出さなければならないものもありますが、インターネットや電話等で簡単に手続きできるものもあるので事前にチェックしておきましょう。
新聞など定期的に配達を頼んでいるもの、ケーブルTVや衛星放送、インターネットなど契約して使っているものは、移転もしくは解約手続きをする必要があります。
引越し後は、14日以内に新居である市区町村の役所に転入届を提出し、役所で必要な手続きを全て済ませます。
転入届の提出後に住民票などが交付されるようになるため、早めに運転免許証や銀行口座、クレジットカード、生命保険などの住所変更をしましょう。